子どもの歯の治療|名古屋市東区の歯医者 あんどう歯科クリニック

  • 0527211500

    受付時間
    9:30~13:00/15:00~18:30
    ※日祝休診
  • ネット予約

子どもの歯の治療

当院の考え方

当院に訪れるお子様に虫歯を見つけた際、緊急性のある場合は処置を行いますが、無理やりの虫歯治療は行いません。
これは小児歯科治療はお子様の協力なくしてはできず、その第一歩は「歯医者の雰囲気に慣れてもらうことからはじまる」と考えているからです。
歯医者の雰囲気に慣れてきたら治療に気持ちを向けていきす。
しかし、治療以上に大事なのは虫歯以前の「予防」です。

子どもの歯は柔らかく、虫歯になりやすい状態です。定期検診、ブラッシング指導、フッ素、シーラントでしっかり予防していきましょう。虫歯のないすてきな人生をお子様にプレゼントしましょう!

虫歯予防の大切さ

人間の歯は一度虫歯になってしまうと、どんなに頑張って治療をしても元には戻りません。そこで、子どものころから虫歯予防が大切になってきます。

1.乳歯の予防ケア

子どもの歯はどうせ抜けるから虫歯になっても大丈夫…と思われる方もいるかもしれませんが、あとから生えてくる永久歯に影響を及ぼしたり、歯並びや嚙み合わせが悪くなってしまう可能性があります。
乳歯は非常に柔らかいため、フッ素塗布で歯質を強くしたり、噛み合せる奥歯をシーラントで強化したりし、生え変わりに備えましょう。
また、おうちでの歯磨きの習慣づけなどをしていく重要な時期です。

2.永久歯の予防ケア

永久歯は6才頃から生えはじめ、12歳ごろまで生え変わります。
生えたての永久歯はいきなり「大人の歯」と同じだというわけではありません。生え変わりたての永久歯はもろいためフッ素塗布や、口腔内状況に合わせ、歯肉と歯の間に汚れがたまらないためのブラッシング指導などを行います。永久歯は死ぬまで一生使う歯ですので、虫歯予防はとても重要です。

具体的な予防内容

1.TBI(歯磨き指導)

虫歯予防を行う上で、一番重要なことは毎日の歯磨きです。虫歯をより効果的に予防できるよう、しっかりと汚れを落とす正しい歯磨きが大切です。お子様が楽しんで歯磨きができるよう、丁寧にお伝えします。

2.フッ素

虫歯菌の活動力を低下させたり、歯の再石灰化を促すことで、虫歯予防や歯質強化の効果が期待できます。乳歯、永久歯ともに生えたばかりの歯は虫歯になりやすいため、3か月ごとの定期的なフッ素塗布をおすすめしています。

3.シーラント

奥歯(臼歯)は食べ物をすりつぶす役割を持ち、裂溝という溝に汚れが溜まりやすく、歯磨きも難しいため、虫歯になりやすいです。そこで、溝を埋めて汚れをたまりにくくし、歯磨きがしやすい状態にして、虫歯の予防をします。とくに最初に生える永久歯(6才臼歯)は虫歯になりやすいため、シーラントでの虫歯予防をおすすめします。

4.フッ素洗口液

ブクブクができるようになったらフッ素洗口もおすすめしています。使用後に水ですすがないので、しっかりお口にフッ素が残ります。歯磨きでお口をキレイにした後に行うことで効果が期待できます。

5.PMTC(歯のクリーニング)

PMTCとは、Professional Mechanical Tooth Cleaningというスウェーデンで考案された歯の専門クリーニングです。歯磨きを毎日していても少しずつ汚れは付着しますが、PMTCを行うことで溜まった汚れを落とすことができます。定期的に行うことで、虫歯予防の効果を一層高めることができます。

子どもの歯並びの治療

お子様のうちに歯並びを整えてあげることも大切です。歯の矯正を行うことで、見た目だけでなく、滑舌がよくなったり、より効果的に歯磨きできるようになることで虫歯リスクの軽減などに繋がります。

歯並びの治療