インプラント治療|名古屋市東区の歯医者 あんどう歯科クリニック

  • 0527211500

    受付時間
    9:30~13:00/15:00~18:30
    ※日祝休診
  • ネット予約

インプラント治療

インプラント治療について

大切なご自身の歯…
失ってしまわれたら、あなたはどうされますか?

インプラント治療は人工歯根療法ともいわれ、歯の抜けた部分の顎の骨にインプラント(人工歯根)を入れて支柱とし、その上に支台部(歯を支える部分)と人工の歯をしっかりと固定する治療法です。インプラントと顎の骨がしっかりと結合することで、その上には丈夫で安定した歯を作る事ができます。
入れ歯ではどうしても満足することが難しかった「食べる」「話す」ことも、インプラント治療によりご自身の歯と同じような感覚を取り戻すことができます。

インプラントの使い心地

1
おいしく食事を楽しめます

異物感がほとんどなく、しっかりと安定していますので、ご自身の歯と同じようにおいしく食事が味わえます。

2
見た目も自然です

バネがありませんので、自然できれいな歯並びがよみがえります。

3
他の歯への影響もありません

インプラント治療は健康な歯を削ったり支えにすることがないので、ご自身の歯を傷めることもありません。

インプラントの注意点

  • インプラントを顎の骨に埋めこむ手術が必要です。
  • 全身の疾患がある場合には治療ができない場合があります。
  • インプラントを維持するためには、十分な口腔衛生の管理と定期的な検診が必要です。
  • 自費診療となり、手術の難易度、埋入本数等により必要な費用が変わってきます。

インプラント治療の流れ

1
初診

インプラント治療に関するご説明を行います。

インプラント治療をするにあたり、最も大事にしなければならないのは、医師を含めたスタッフと患者の皆様との信頼関係です。初めてインプラント治療を受ける方は、不安で仕方がないかと思います。この不安を取り除くためには、「丁寧な説明」しかないと考えます。

2
診断

健康状態に関する問診や口腔内検査、歯型の採取などを行います。

全身状態が、治療を受けるに十分なほど整っているかチェックします。歯の他に何か問題はないか?精神的に大きな不安や悩みを抱えていないか?など、心と体の両極から確認していきます。

3
インプラント手術

インプラントを顎の骨に埋め込む外科手術を行います。

局部麻酔で、顎の骨にチタン製のインプラントを埋入することにより、歯の土台を作ります。この手術にかかる時間は、個人差や本数にもよりますが、大体数時間です。局所麻酔をしますので、治療中の痛みはほとんどありません。また、翌日から通常の生活を送ることが出来ます。食事も特に変わりません。多少の違和感はありますが、気になるほどではありません。
インプラントが埋入されると、歯肉に覆われ、チタン製インプラントと骨が一体になること(オッセオインテグレーション)を待ちます。通常治癒期間は3~6ヶ月間かかります。この間は仮の義歯を使用することができますので、ご安心下さい。

4
人工の歯を装着

インプラントが顎の骨と完全に結合したあと、人工の歯を装着し完成です。

インプラントでよくあるご質問

Q
痛みにとても抵抗を感じてしまいます。治療中は全身麻酔や痛みを取り除くことはできるのでしょうか?

治療前に局所麻酔を行いますので痛みは感じられないかと思います。どうしても痛みにたいして抵抗や恐怖感のある方には、全身麻酔に近い静脈内鎮静法を行います。この方法ではウトウトとしているうちに手術が終了しますので、ほとんど痛みを感じることはないでしょう。

Q
仕事をしていますので、あまり時間が取れません。治療期間はどの程度なのでしょうか?

1回の手術時間は1時間程度です。またインプラントと顎の骨がしっかりと一体になるまでの通常治癒期間は3~6ヶ月間かかります。この間は仮の義歯を使用することができますので、ご安心下さい。ご症状により治療の期間と回数は異なりますので、詳しくはお問い合わせ下さい。

Q
骨粗しょう症と診断されたのですが、治療はできるのでしょうか?

骨粗しょう症は、骨密度が低く骨がもろくなっている状態です。骨密度の数値が極端に低下していなければ、インプラント治療可能です。

Q
治療後に特別な手入れは必要なのでしょうか?

特別な手入れなどは必要ありません。普段と同じように歯磨きなどのケアをしていただければ結構です。しかし、歯を失われた原因が虫歯や歯周病の方は、通常のブラッシング方法やブラッシング習慣に問題があることが多いので、今後のためにもブラッシング指導を受けることをお勧めします。

Q
インプラントは一生使うことができますか?

インプラントそのものは半永久的に使用することができますが、注意が必要なのはインプラント周辺の歯周組織やかみあわせの状態です。定期検診(メンテナンス)をきちんと受診していれば、長く快適に使うことができます。