親知らずについて|名古屋市東区の歯医者 あんどう歯科クリニック

  • 0527211500

    受付時間
    9:30~13:00/15:00~18:30
    ※日祝休診
  • ネット予約

スタッフブログ

親知らずについて

こんにちは!あんどう歯科クリニックです😊

 

今日は、親知らずについてお話したいと思います。

 

 

親知らずって、どうして親知らずっていうか知っていますか?

 

諸説ありますが、

親が生えてきたことを知らない歯、という意味だそうです。

親知らずが生えてくるのは、大体10代後半~20代、30代頃のことが多いのですが、

昔は平均寿命が50歳前後だったので、子どもが20代になる頃には親がもう亡くなっていることが多く、

親が生えたことを知らない歯、  ということらしいです。

 

親知らず、というのは通称で、

正式名称は、「第三大臼歯」といいます。

真ん中から数えて8番目にあたるため、「8番」とも言われています。

 

親知らずは、骨の中に深く埋まったままで生えてこない人もいますし、親知らずが元々ない人も結構います。

逆に、8番目まで綺麗にそろって生えている人もいます。

お口の中は千差万別なんですね😄

 

 

 

日本人は顎が小さめなので、親知らずが生えるスペースが少なく、

横向きなど変な方向に生えてしまうケースがよく起こります。

 

正常にまっすぐ生えていればトラブルは起きにくいですが、

変な方向に親知らずが生えていると、歯ブラシが難しいので菌が増えやすく、歯茎に炎症が起きやすいため、ズキズキしたり腫れたりすることがあります。

また、横向きに生えている場合、手前の7番目の歯の後ろとの間が虫歯になってしまうケースもよくあります。

そうやって、虫歯の原因になったり、腫れや痛みなどの症状を何度も繰り返すようなら、抜歯をオススメしています。

 

 

あまり問題のない生え方をしていれば、抜歯にかかる時間も少ないため、痛みも出にくいですが、

変な方向に生えている場合は、切開をしたり歯を分割したり、場合によっては周りの骨も削る必要も出てくるので、抜歯のあとの痛みや腫れは出やすくなります。

 

おそらく世間的にはそのイメージが強くて、

「親知らずを抜くとすごく腫れるんですよね?」

「友人がこの間抜いてたんですが、すごく痛いって聞きました~」

と言われる患者さんも結構いらっしゃいます。

 

ただ実際にはそれぞれのお口の中の状態によって、全然違ってくるので、

私の親知らずってどうなってるのかな? と気になっているようであれば、

一度レントゲン撮影をして、親知らずの位置を確認してもらうことをオススメします😄

 

それではまた♪