虫歯になりやすい食べ物、なりにくい食べ物について|名古屋市東区の歯医者 あんどう歯科クリニック

  • 0527211500

    受付時間
    9:30~13:00/15:00~18:30
    ※日祝休診
  • ネット予約

スタッフブログ

虫歯になりやすい食べ物、なりにくい食べ物について

こんにちは!あんどう歯科クリニックです😄

 

今日はバレンタインデーですね😘

色々なお店で、美味しそうなチョコレートが売ってますね!🍫

みなさんも口にされたでしょうか?😊

 

チョコレート関連ということで

今日は虫歯になりやすい食べもの、なりにくい食べものについてお話させてください。

 

以前のお子さんのおやつについてのブログ記事で虫歯になりやすいおやつについては軽く触れていますが、

そのお話をもう少し詳しくさせていただきますね。

 

 

まずおやつは、前にも書いたように、

基本的に

・ネバネバしたもの

・歯にくっつくもの

・甘いお砂糖がたくさん入っているもの

・口の中に長く留まりやすいようなもの

は虫歯になるリスクが高いです!

例えば、キャラメルや飴、チョコレートなどですね。飲み物としても、スポーツ飲料やジュースはお砂糖が含まれているので、とても虫歯になりやすいです。

 

逆に、虫歯になりにくいおやつは、

・口の中をさっと通りお口の中に長時間留まらないもの

・虫歯をつくる原因となるお砂糖が入っていないもの

・よく噛んで食べるもの

です。

例えば、アイス、ヨーグルト、ナッツ、チーズ、するめ、小魚、りんごなど。

 

虫歯になりやすいおやつは食べてはいけないわけではないですが、

だらだら食べをしないこと、

食べた場合は、きちんと歯磨きをすること、

に気をつけましょう!

 

また、酸性が強い食べもの、飲みものは歯を溶かすリスクが高くなります。

例えば、炭酸飲料、スポーツドリンク、ワイン、お酢、オレンジやイチゴなどのフルーツです。

 

これらは、習慣的に飲み食べしていると、

歯の表層のエナメル質という部分が溶けてしまう、酸蝕症になることがあるので、注意が必要です!

 

 

虫歯予防になる食品としては、

繊維が多い食べ物(さつまいも、ごぼう、キャベツなど)や歯自体を強くする成分を含むものがあります!

例えば、

・フッ素が含まれているもの:牛肉、りんご、ワカメ、お茶、味噌

・歯の原料となるカルシウムを含むもの:乳製品、小魚、大豆、ひじき、小松菜など

・歯を石灰化を助けるリンを含むもの:チーズ、卵

・歯の基礎となるたんぱく質を多く含むもの:牛乳、魚、卵、豆腐

・カルシウムの代謝を助ける、石灰化の調整をするビタミンDを含むもの:牛乳、卵、チーズ、ひじき

・エナメル質を強化するビタミンAを含むもの:豚肉、レバー、かぼちゃ、人参、卵、ほうれん草など

・象牙質を作るビタミンCを含むもの:

みかん、レモン、ブロッコリー、ピーマンなど

 

これらは歯にはとても良い食材になるので、ぜひ使ってみてくださいね😊😊